農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > 基礎知識 > 農家の1日

農家の1日


農家の仕事は屋外が基本

農作物を育てる事で収入を得る「農業」という仕事は、ほとんどが屋外での作業となるのが基本です。
日照時間や気候・気温・気象に合わせて仕事を行う必要がありますので、太陽が出ている時間が農家が働く時間となるのです。
農家が行う仕事の多くは、農地での作物の世話です。
水をやったり肥料をやったり雑草を取ったりといった作業が、農家の行う毎日の仕事となります。

農業は基本的に地味で体力が要る仕事です。
仕事内容は季節によって異なりますが、どの仕事も決して楽では無いという事を憶えておくようにしないとダメです。

夜明けから日没までが作業時間

基本的な農家の1日の仕事を記載してみたいと思います。
まず、農家は5:00には起床して、朝食などを済ませてしまいます。
朝食後はすぐに畑に出て農作業を始め、昼である12:00まで働きます。
農家によっては朝食を取る前に働き始め、8:00~9:00頃に朝食休憩を取る所もあります。

12:00~13:00までの間は昼食を取り、その後、再び畑に出て農作業を行います。
15:00頃には小休止を挟んだ後、日没時刻である18:00頃まで働きます。

この流れが農家の基本的な1日となります。
米を作る稲作農家も果物を作っている果樹園も、大体同じスケジュールとなります。

農家の休憩について

農業は体力を非常に使う仕事ですので、休憩はしっかりと取るようになっています。
夏場ともなると炎天下の中での作業となりますので、水分補給はとても重要です。
農家の休憩時間は、午前中に1回、午後に1回といった感じがほとんどのようです。
普通の会社でも午前と午後に1回ずつ小休止がありますが、それと同じと考えて良いと思います。
ただ、休憩時間は一般の会社よりも長く、大体30分ずつが普通のようです。

農家によっては、午前中の休憩に関しては、起床してすぐに働き始め、朝食と小休止を一緒にしている所もあるようです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.