農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > 基礎知識 > 農家の種類

農家の種類

55a95417264c101119cc88b7018999eb_s

農作物で分ける農家の種類

農家の種類を分けるときに、初めに目に留まるのが農作物の違いです。
例えば、食品、繊維、燃料、そして各種原材料に分けることができます。

食品であれば、日本で多くいる米農家が一例です。
そして、キュウリ、トマト、キャベツ、ニンジンといった野菜を育てる農家も多いですね。
地形や気候に合わせてみかん、リンゴ、イチゴなどの果物が名産の地域もあります。

こういった、どういった農作物を育てるのかというのは、好みというよりも土地が大きく関係してきます。
太陽の照射時間、雨量、気温、土の性質によって、適する農作物が変わりますね。
ここで、適した農作物を選ばなければ、満足する農作物が作れない可能性も高いです。

寒冷地であれば土の中で育つ根菜、温暖な気候には柑橘類など作りたい作物があるということであれば、適する土地での農業を進める必要があるでしょう。

働き方で分ける農家の種類

農家の種類は、働き方でわけることが可能です。
同じように見えて、中をあけてみるとそれぞれ違った収入源があることがあります。
働き方で分けると、農家の種類は大きく2種類に分けることができ、「専業農家」と「兼業農家」といった2つの種類があります。

「専業農家」というのは、農業を中心に生計を立てている場合です。
「兼業農業」は、農業とは他に、何らかの仕事を両立しながら生計を立てている場合です。

平成24年度の農林水産省の統計では、日本の専業農家は42.3万戸、兼業農家は108.1万戸となっています。
専業農家として、農家を主に仕事をするのは年々難しくなっています。

誰かしらが外での仕事をし、兼業農家の割合が増えている傾向があると言います。
また、農業離れが進み、専業農家だけではなく兼業農家の数も減少傾向にあります。
若い世代が、新規就農として新たに農業の世界に入ることが求められています。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.