農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > 基礎知識 > 農家の現状と将来性

農家の現状と将来性


現在の農業は高齢者の割合が多い

都会に住む人や商社務めだった人が、「大自然の中でのんびりと働きたい」といった風な考えを持って農業への道を考えたりしていますが、実際の農業はそんな考えで勤まるほど楽な職業では無いです。
現実の農業は非常に重労働なうえ、炎天下の中、地味な作業を延々と行う仕事です。
しかも、収入も不安定で、常にその年の収穫高に影響されてしまいます。
そんな、都会人の想像よりもはるかに過酷な職業である農業ですが、現在の日本では農業はどれくらいの発展具合なのでしょうか?

現在の日本の農業界は、残念ながらあまり明るい状況ではないです。
農業従事者の多くは高齢者で、しかも後継者もいないため、日本中から農家の数は年々減っているのが現状です。

若い農業従事者が少ない

「農業をやりたい」という考えを持っている人は多いようですが、実際に大成する事が出来る人は多くないのが現実です。
はじめは理想に燃えて農業に取り組むのですが、あまりのシビアな仕事内容に挫折してしまう人が多いようです。
現在の日本の農業の問題点は、ズバリ、若い農業従事者が圧倒的に少ない事です。

農業は肉体的に非常に過酷な仕事ですので、体力が衰えている高齢者よりも若い人の方が向いているのは確かです。
しかし、その若い人が農業の仕事を志したとしても全う出来ない事が問題となっているのです。

インターネットが農業を変える!

農業が大変な事の理由の1つに、収入の不安定さがあります。
この農業がもたらす収入の不安定さを解消するための手段として、インターネットが上手く活用されています。
今までは農家が作った作物は自宅近辺のエリアでのみ販売しか出来ませんでしたが、現在ではインターネットのおかげで、自宅にいながら全国に販売する事が出来るようになっています。
このインターネット通販のおかげで農作物の販売エリアが拡大しましたので、収入源も広がる事となったのです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.