農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > 基礎知識 > 農家の求人・就職募集の状況

農家の求人・就職募集の状況


転職先に農業を選ぶ人が多い割に…

「都会の生活に疲れた」とか「自然に囲まれて自給自足で暮らしたい」といった理由で農業を志す人が多い割に、現実の農業界のデータ等を見てみますと、農業従事者の高齢化が目立ちます。
そういったデータが表すものは、「農業で生活したい」という気持ちを持っている人は多いものの、実際に農業に従事してみたらあまりの大変さに挫折してしまう人が多いという本当の現実のようです。
農業界は常に人手不足ですので、随時スタッフは募集されています。
国も新規就農者の存在を歓迎し、援助するための支援策を多く打ち出しているのですが、定着しない人が多いようです。

収入が安定しない農業

農業を始めても長続きしない理由の1つは、「収入が安定しない」事です。
農業は、農作物を育て、それを収穫して出荷し、さらにその農作物が売れる事で収入を得る職業です。
つまり完全出来高制なので、売れなければ収入も無いのです。
農作物を多く実らせるには知識と技術が必要です。
そして、それを多くの人に行き渡らせるには、農作業とは別のノウハウが必要となります。
それらのノウハウを身につけていない人は、安定した収入を得る事はハッキリ言って難しいです。

過酷な肉体労働の日々を経ても、安定した収入が確保出来ないのが「農業」という職業なのです。

農業は休暇があまり取れない職業である

農業は自然を相手に農作物を育てる職業ですので、毎日の気候に合わせて作物の育て方を微妙に変えてやる必要があります。
農作物は生きていますので、毎日きちんとした世話をしてやらなければ育たないのです。
農作業はとても大変な作業ですので人手は常に必要です。
農家や農業法人では求人や研修生を随時募集しているのですが、長続きする人は少ないようです。
しかし、農業を志す人は後を絶たないので、定着率を上げる方法を導き出す事が現在の農業界の課題となっているようです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.