農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > 基礎知識 > 農家の大変なこと、苦労

農家の大変なこと、苦労

驚く女性

農家は朝が早い

農家が働く時間帯は、夜明けから日没までです。
そのため、太陽が昇る前には起床して仕事に備える必要があります。

まだ暗いうちに朝食を済ます人もいれば、一仕事行なってから小休止を兼ねて朝食を取る人もいます。
このように、朝がとても早いのが農家の特徴と言えますので、早起きが苦手な人や早朝に働くのが苦手な人にとっては辛い仕事と言えます。

朝が早いのは夏も冬も同じです。
暑い夏であれば早朝の気温はさほど寒くは無いですが、冬であればそうはいかないです。
寒い冬の朝でも、布団から出て外で働かなければいけないのが農業なのです。

農業は自然に左右される

農業は屋外で農作物を育てるのがほとんどですので、大自然の気候に農作物の出来・不出来が左右されてしまいます。
長年の経験から来るノウハウを駆使すれば、ある程度の予防や改善策を施す事が出来ますが、それでも大自然の持つ力の方が影響力が大きいのが農業です。

どれだけ丹精込めて農作物を育てたとしても、予期せぬ気候変動などが起きてしまえば、収穫高や完成度に大きな変化が起きてしまいます。
収穫出来る量が減ってしまえば、それはそのままその年の利益に反映されてしまうのです。
人間の力だけではどうしようもない事が起きてしまうのが、農業という職業の怖い所なのです。

自然災害の影響が大きい

農家に限らず、台風や地震といった自然災害がその身に降りかかるのは恐ろしいです。
しかし、農業の場合、農作物の多くは屋外で栽培していますので、自然災害による被害は生産の大きな障害となります。
自然災害だけはどのような予防をしていても防ぎきれないものですので、直撃してしまえば育てていた農作物はひとたまりも無く売り物にならない状態になってしまいます。
売り物が無くなってしまえばその年の収入はうんと減ってしまうので、死活問題となってしまうのです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.