農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > 基礎知識 > 農家のやりがい

農家のやりがい


体力的に辛い仕事である「農業」

大自然の中で汗を流す農業という仕事は、一般の会社や企業での仕事とは違った大変さがあります。
気象状況に日々左右される仕事なうえ、朝も早くから仕事を始めなくてはいけないし、体力的にも大変な仕事です。
そんな「農業」という仕事に従事している人は、果たして何を“やりがい”として日々過ごしているのでしょうか?
ここでは、農業に携わっている人達が、何を励みとして仕事を行なっているかを、いくつか記載していきたいと思います。

農作物を育てあげる喜び

農業従事者が“やりがい”と感じている事の1つは、農作物を最初から最後までしっかりと育てあげる事のようです。
“最初から最後まで”というのは、文字通り、種から実となるまでです。
畜産関係であるならば、種付けの段階から肉付きの良い大人の状態となるまで成長させる事です。

作物を育て、収穫するまでには長い時間がかかります。
植物・動物共に育てているのは生き物です。
栄養の事や環境の事を日々考え、毎日臨機応変に対応しながら収穫出来る段階になるまで育てるのです。
育て方を失敗したり、途中で挫折したりせず、しっかりと最後まで育てあげる事が出来れば、それが喜びとなり、“やりがい”となるのです。

「美味しい!」と言っても貰える事がやりがいとなる

農作物を出荷出来るまで育てる事は、常人が考えるよりも非常に多くの苦労があります。
その苦労を経て市場に並ぶ事となった農作物が、他人の口に入り「美味しい!」と言ってもらえる事が、農家にとってもう1つの“やりがい”となります。
農家は、米でも野菜でも肉でも、全て食料となる物を生産しています。
「いかに美味しい物を作るか?」「いかに新鮮な状態で市場に並べるか?」を模索して農業を行なっています。

自分たちの生産した農作物が、買ってくれた人から「美味しい!」という評価をもらえる事が、「また頑張ろう」という活力へと繋がるのです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.