農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > 基礎知識 > 農家に向いている人、適性

農家に向いている人、適性

0be7c2a065a007023a054bd0022f3d4c_s

どんな人が農業に向いているのか?

「都会暮らしに疲れて」とか、「自然に囲まれて暮らしたい」とかいった理由で農業を志す人が最近は多いようですが、果たしてそういった理由で農業の道を全う出来るほど農業とは甘い仕事なのでしょうか?

農業は一般人が考えているほど簡単な仕事では無いです。
朝早くから屋外で行う仕事なので、絶対に体力が必要となります。

しかも、気候や風土といった自然を相手にする作業ですので、気象の変化などにも敏感に反応する能力が求められます。
代々農家として生まれ育ったという人なら、そういった農作業に必要なノウハウは身につけている事と思いますが、全くの未経験で農業を始める人の場合、どういった人が農業には向いているのでしょうか?

地道な仕事を積み重ねる事が出来る人

農業に従事する人は、地味な作業をコツコツと積み重ねる事が出来る人がふさわしいです。
草むしりなどを毎日の日課とするのが農業です。

大雑把でいい加減な人は農業には向かないです。
“向かない”というより、“出来ない”といった方が正しいと言えます。

農業は農作物を育てる事が仕事ですので、作物の成長を根気強く見守り、丁寧に育てあげる事が出来る人のみが全う出来る仕事です。
種を畑に蒔いて放っておけば、勝手に作物が育つというわけではないのです。

経営能力がある人

農業というのは、育てた作物が売れなければ利益にならない職業です。
自分が食べる分だけ育てば良いという家庭菜園とは違うのです。

そこで必要となる能力が「経営能力」です。
農家も普通の会社の商品と同じく、育てた作物を上手に宣伝して販売する必要があるのです。

しっかりと市場に流通させて、多くの人に認知し、確実に買ってもらう必要があります。
そもそも、こういった事が出来ないと農業だけで食べていく事は困難なのです。

農業には作物を育てる知識と技術だけでなく、商品の販売方法に関してのセンスも必要なのです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.