農業 就農の比較ランキング
農業に就農 > お役立ち情報 > 農業インターンシップの募集

農業インターンシップの募集


農業インターンシップについて

農業には、一般企業と同じようにインターンシップと言うものがあります。
農業学校を卒業間近である学生はもちろんのこと、その他の農業希望者も受けられる制度です。
開催地は農業法人や企業で、各種就職を体験することが出来ます。

一般的な学校を出た新卒の人、社会人に向けてもインターンシップは開催されます。
何よりも、農業というものに興味があればインターンを受けて、将来に生かすことが可能です。

インターンシップを行う目的は、就職先に農業を選びたい人への体験の場です。
農業体験を通し、正社員として働く可能性を広げます。

農業の第一線で働くのはもちろんですが、物流や流通の場でのしごともあります。
インターンシップを通じ、地域交流や社会経験をする中で、どういったポジションが自分に合っているのかを見極めることが出来るでしょう。

農業インターンシップで出来る体験

農業インターンシップでは、様々な体験をすることが可能です。
インターンシップを通じて、農家の一連の作業を見ることが出来るでしょう。

ただし、詳しい体験の内容は農家や地域、時期によっても細かく変わります。
繁忙期であれば、収穫、出荷などの場面を見ることが出来るほか、その他の時期には、種まきや苗つけ、耕作などの、裏仕事を学べます。
他にも、農業以外の体験をすることが出来るのもインターンシップだからこそです。
農業での就職を目的としているインターンシップであれば、様々な作業や流通の過程を見せてもらう事だって出来るでしょう。

農業のほかに作っているものがあれば、作業の工程を見せてもらえるはずです。
たとえば、りんご農家がジュースを作ったり、ジャムにしたりという作業ですね。
レストランやカフェなどの、他の仕事についても、見せてもらうことも出来るでしょう。

農業インターンシップで学べること

インターンシップでの体験は、1日8時間~12時間というのが一般的です。
どれだけの長さになるかというのは、契約によっても異なりますが、
一般的には、数ヶ月単位の長い期間の中で多くのことを学びます。

農業の体験の中では、全く知識がない人でも多くの経験が出来るでしょう。
0からはじめる耕作の方法、苗の植え方、作物の育て方のノウハウなど、農業を実際に行っている人からの実体験を交えながら学べます。
また、それぞれの農作業に欠かせない農機具の使い方や、耕運機、山水車といった、特殊な道具の動かし方も教えてもらえるはずです。
一般的にはなかなか出来ない経験も、インターンシップだからこそ学べるでしょう。

また、大きな企業からのインターンシップであれば、ひとつの農家の中に溶け込むだけではなく、一連の流れを追った仕事の経験をすることも可能となっています。
肥料や苗の仕入から、生産、加工、出荷、販売の工程の見学など、教科書で見るだけではわからないような実体験が出来て、これからにつなげられる経験が出来るはずです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
Copyright© 農業に就農 All Rights Reserved.